+αな暮らし

自分の仕事に関係する建築・不動産・施設管理系の資格挑戦記。その他、革靴を中心とした自分の生活に+αな彩りを添えてくれるお気に入りアイテムについて綴っています。

【読書】ノンフィクション・エッセイ

【読書】建築設計者の書いた「測って描く旅」という本を読んでみた。

どーもESTです。 今回読んだ「測って描く旅」という本は、元日建設計の設計者で現「浦一也デザイン研究室」主宰の浦一也氏が書いた本になります。 著者は出張時など、ホテルに泊まるとゲストルームを測り、部屋に備え付けてあるレターペーパーに描くのが習慣…

【読書】半藤一利さんの「昭和史 1926-1945」を読んで…

どーもESTです。 2014年度、一回目のブックレビューは半藤一利さんの「昭和史」です。 日本人の精神構造には何が欠けていたのか?日本人はなぜ戦争をするのか? 日中戦争から太平洋戦争の時代を検証、「底なしの無責任」がもたらした悲惨とは何かを問い、未…

【読書】「祖父たちの零戦 Zero Fighters of Our Grandfathers」を読んで感涙す。

どーもESTです。 今回読んだ本には胸打たれものがありました。 Synopsis「ミノル、俺たちのやりたかったことはこんなことだったのかな」…27機撃墜・味方損失ゼロ、奇跡の初空戦を指揮した進藤三郎。敗色濃い南太平洋でなおも完勝を続けた鈴木實。 二人の飛行…

【読書】梯 久美子さんの「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道」を読んで…

どーもESTです。 今回は梯 久美子さんの「散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道」を読んでの感想です。感動っす。。 娘よ!妻よ!絶海の孤島からの手紙が胸を打つー。 水枯れ弾尽きる凄惨な戦場と化した、本土防衛の最前線・硫黄島。 その知略で米軍を最も…